> > 米デュポン、LED照明用に放熱基板材料の生産を7倍に 台湾で生産拡大

米デュポン、LED照明用に放熱基板材料の生産を7倍に 台湾で生産拡大

記事を保存

米国デュポン社は5月30日、急成長を遂げる発光ダイオード(LED)照明市場向けに、「クーラム™放熱基板材料」の生産および供給量を従来の7倍超に拡大した、と発表した。本放熱基板材料は、LED照明の放熱効果があり、LEDメーカーのLED電球の耐用年数、信頼性および品質の向上、そして、より手ごろな価格での提供に寄与できるという。

LED照明市場は世界規模でみると、2012年は前年比でおよそ80%拡大し2013年はさらに前年比で50%の拡大が予測されている。ペンシルベニア州トワンダの製造拠点においてクーラム™放熱基板材料の生産を開始した同社は、今回の需要増に対応すべく、台湾・新竹市にある同社の最新鋭工場の生産能力を拡大した。

LED電球の耐用年数を延ばすためには、信頼できる放熱基板材料が必要となる。優れた熱伝導性を発揮するよう設計された同社特許のポリイミド誘電体を用いたクーラム™放熱基板材料は、従来のエポキシ樹脂基板に比べ、より速くより確実に熱を逃がすことができる。熱インピーダンスが非常に低く(低熱抵抗化)、最高使用温度が180℃のクーラム™放熱基板材料を使うことで、広範な環境条件下で安定した性能を発揮させることが可能となる。

同社では厳格な放熱用途に対応するため、3つのタイプのクーラム™放熱基板材料を提供している。最新のクーラム™ 3D放熱基板材料は、配光性が必要とされる、革新的な全方向配光の白熱電球代替A-19電球および一般の照明器具用に設計されている。クーラム™ LXは、白熱電球代替LED電球、および非常に低い熱インピーダンスが必要とされる高天井照明およびアウトドア用LED照明など他の照明用途として、また、クーラム™ LAは、より厳しい電気性能が必要とされる一般LED照明用に設計されている。

クーラム™放熱基板材料を手がける同社の回路・パッケージ事業では、その他、プリント回路基板(PCB)のイメージング用ドライフィルムフォトレジストやポリイミドフィルム、フレキシブル回路材料など、広範な成長製品の数々を提供している。デュポンは1802年の創業以来、世界最高水準の科学技術を基盤に、革新的な製品や素材、サービスを提案している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.