> > ホンダ、さらに低燃費な新型アコードHV・PHVを本日発売 30km/L

ホンダ、さらに低燃費な新型アコードHV・PHVを本日発売 30km/L

記事を保存
ホンダ、さらに低燃費な新型アコードHV・PHVを本日発売 30km/L

Hondaは、新型セダンのハイブリッド車(HV)「アコード ハイブリッド」と、家庭用電源からの充電を可能にしたプラグインハイブリッド車(PHV)「アコード プラグイン ハイブリッド」を6月21日(金)に発売する。

「アコード ハイブリッド」は、HV向けに新たに開発したハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-MMD」を搭載し、走りの楽しさを追求するとともに、30.0km/L(JC08モード)という圧倒的な低燃費を実現した。

また、「アコード ハイブリッド」をベースに、家庭用電源からの充電を可能にした新型「アコード プラグイン ハイブリッド」は、日常走行のほとんどをEV走行できるプラグインハイブリッドシステムを搭載し、70.4km/L(JC08モード)という低燃費(複合燃料)を達成。法人企業や官公庁などを中心にリース販売する。

希望小売価格(消費税込み)は、「アコード ハイブリッド」はLXタイプが365万円、EXが390万円、「アコード プラグイン ハイブリッド」が500万円。シリーズ合計での国内月間販売台数は1,000台。

新型「アコード ハイブリッド」に搭載された独自のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」は新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を採用。発進と低中速域のクルーズは主にモーターのみで走行し、加速時などはエンジンで発電しモーターで走行、高速クルーズは主にエンジンで走行するなど、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つのモードを自動的に切り替えて走行することで、軽自動車トップクラス並みの30.0km/L(JC08モード)という低燃費を可能とした。また、発進の瞬間から最大トルクを発生させるモーターで走行することで滑らかで力強い加速性能を発揮する。

新型「アコード プラグイン ハイブリッド」は、高出力・高トルク走行用モーターを搭載した「SPORT HYBRID i-MMD」の特性を活かし、大容量のリチウムイオンバッテリーと組み合わせた新開発のプラグインハイブリッドシステムを搭載。満充電で日常走行の多くをカバーできるEV走行距離37.6kmを達成した。また、EV走行可能距離がゼロになった後も、ハイブリッドモデル同様の高効率走行が可能であり、複合燃費は70.4km/L(JC08モード)を実現した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.