> > 三菱重工のリチウムイオン蓄電池、ヒルクライム用EVレーシングカーに搭載

三菱重工のリチウムイオン蓄電池、ヒルクライム用EVレーシングカーに搭載

記事を保存
三菱重工のリチウムイオン蓄電池、ヒルクライム用EVレーシングカーに搭載

三菱重工業は、同社製高性能リチウムイオン電池「MLiX」を搭載したEV(電気自動車)レーシングカーが、米国コロラド州で6月25日~30日に開催される自動車レース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2013」に、昨年に続いて挑戦すると発表した。

今年で91回目の開催となる同レースは、単一シリーズとしては世界で2番目の歴史と伝統を誇る。ロッキー山脈に連なるパイクスピーク山を舞台に、ゴール地点でもある山頂の標高4,301mに向かって約1,500mの高低差のある20kmのコースを一気に駆け上がる過酷な自動車レースとなっている。

同社は、地球環境保護の啓発活動の一環として同レースに参戦する電気自動車普及協議会(APEV)の「Team APEV with モンスタースポーツ」に協賛しており、EVレーシングカー用に開発した高出力型電池の提供を通じて、山岳道路でのパワフルな登坂走行をサポートする。チームの目標タイムは9分30秒で、昨年の総合優勝車(ガソリンエンジン)が出した過去最高記録の16秒短縮を狙う。

リチウムイオン電池「MLiX」は高性能と長寿命を特長とし、同社が開発したコンテナ型電力貯蔵システムをはじめ、ハイブリッドフォークリフト、電気バス、小型ポータブル電源などに搭載され、多くの実績を積んできた。同社では、同レースで得られた成果を今後の電池開発に活用していくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.