> > 東京ガス、さいたま市と練馬区に商用水素ステーションを建設、2015年に運用開始

東京ガス、さいたま市と練馬区に商用水素ステーションを建設、2015年に運用開始

記事を保存

東京ガスは、埼玉県さいたま市と東京都練馬区に、既存の天然ガススタンドと併設する一般商用の水素ステーションを建設すると発表した。自動車メーカー各社が2015年に予定している燃料電池自動車の一般販売開始に合わせ、運営を開始する予定。

同社では、これまで実証事業として「千住水素ステーション」(東京都荒川区)と「羽田水素ステーション」(東京都大田区)の建設・運転を行ってきたが、2015年に予定されている燃料電池自動車の一般販売開始に合わせ、今回、2カ所の商用ステーションを建設することとした。建設着手は、「浦和水素ステーション(仮称)」(埼玉県さいたま市)を2013年秋頃、「練馬水素ステーション(仮称)」(東京都練馬区)を2013年7月に予定している。

予定されている両ステーションの仕様概要は以下の通り。「練馬水素ステーション」は工場で製造した水素をステーションに運ぶオフサイト方式で水素を供給する。主な機器として水素圧縮機、蓄ガス設備(蓄圧器)、ディスペンサー、水素プレクール設備を備える。「浦和水素ステーション」は水素ステーションで原料(天然ガス、LPガス、水など)を改質して水素を製造するオンサイト方式で水素を供給する。主な機器として、前述の機器に加えて、水素製造装置を備える。両ステーションとも充填能力は300Nm3/h、充填圧力は70MPam、充填速度は3分間程度。

両ステーションの建設にあたっては、経済産業省の「水素供給設備整備事業費補助金」の交付を受けることが決定している。また、「浦和ステーション」については、さいたま市が推進する「ハイパーエネルギーステーションS」および「エネルギー安定供給拠点地区」を目指し、市が整備支援として創設する「ハイパーエネルギーステーションS」設置費補助制度の活用を含め、市と連携を図りながら建設を進めていく予定。

さいたま市の「ハイパーエネルギーステーションS」は、同市が進める「次世代自動車・スマートエネルギー特区推進事業」の重点プロジェクトで、「水素を含む多様な自動車エネルギー供給拠点」を指す。「エネルギー安定供給拠点地区」は同市が進める地区計画で、「災害時の物資・エネルギー供給の広域拠点地区」を指す。

東京ガスでは、これまで培ってきた水素ステーションの建設・運転に関する知見を活かし、今後も燃料電池自動車の普及に向けた水素供給の基盤確立に貢献するとともに、将来の水素利用拡大に向けた準備を行っていくとしている

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.