> > 東北大など、CO2を蓄電池の電解液などに高効率で変換できる新技術を開発

東北大など、CO2を蓄電池の電解液などに高効率で変換できる新技術を開発

記事を保存
東北大など、CO2を蓄電池の電解液などに高効率で変換できる新技術を開発

東北大学大学院工学研究科の冨重圭一教授らの研究グループは、新日鐵住金との共同研究にて、二酸化炭素をメタノールと反応させることで、プラスチックの原料やリチウムイオン蓄電池の電解液として有用な炭酸ジメチル(DMC)へ高効率で変換する製造法の開発に成功したと発表した。

これまでの研究例では、2000気圧の超臨界流体を加熱・冷却させる大掛かりな装置を用いても、収率は最大でも45%にとどまっていたが、今回開発した反応では、最高収率94%(世界最高)でDMCを得ることができる。

この反応システムが将来的に実用化されると、ホスゲンなどの有害な物質を用いずに、二酸化炭素を原料とする化学品の製造が可能になる。また、二酸化炭素を原料に用いる化学製品の製造法の開発は、CO2削減に向けて、具体策のひとつとして期待される。

DMCは、ポリカーボネート樹脂の原料やリチウムイオン二次電池の電解液として幅広く利用されており、近年注目されている物質。本研究により、低環境負荷という新たな価値が加わることになりそうだ。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.