> > ソーラーフロンティアなど、サントリー3工場に計4.4MWの太陽光発電

ソーラーフロンティアなど、サントリー3工場に計4.4MWの太陽光発電

記事を保存
ソーラーフロンティアなど、サントリー3工場に計4.4MWの太陽光発電

ソーラーフロンティアは、日本政策投資銀行(DBJ)との共同投資会社「SFソーラーパワー」を通じて、サントリーグループが有する国内3カ所の工場にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置すると発表した。総出力は約4.4MWで、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池モジュール約2.8万枚を設置する。

本プロジェクトの第一弾として、サントリー九州熊本工場(熊本県上益城郡)において、屋根や敷地の一部を使って約2.6MWのメガソーラーを設置する。6月に着工した。第一発電所は2014年1月、第二発電所は2013年10月に発電を開始する予定。

また、高砂工場(兵庫県高砂市)と榛名工場(群馬県渋川市)の工場屋根にもそれぞれ約1.2MWと約0.6MW規模の発電所を2014年春までに順次設置、稼働する予定。

3工場での年間発電量は約900世帯分に相当し、約2,600トンのCO2削減を見込む。なお、本件はDBJの「競争力強化ファンド」から投融資を受ける予定。DBJの「競争力強化ファンド」は、企業が保持する潜在能力を、新たな事業フロンティアの開拓や戦略的連携・オープンイノベーションの推進等を通じて事業化し、成長に繋げる取り組みを後押しするために、メザニンローンや優先株等のリスクマネーの供給を行っていくことを目的としている。

サントリーグループは「人と自然と響きあう」という企業理念のもと、グループ全体で環境経営を推進してきました。ソーラーフロンティア及びSFソーラーパワーはこうしたサントリーグループの環境方針に沿える点を重視し、今回の事業を行う運びとなった。

ソーラーフロンティア昭和シェル石油の100%子会社の太陽電池メーカー。銅、インジウム、セレンを使用して、独自技術によりCIS薄膜太陽電池を生産・販売している。このCIS薄膜太陽電池は経済効率が高く、環境に優しいことを特徴とする。製造時に使用する電力や資源が少なくて済むため環境に優しく、また、日本国内の複数の実証実験で高い実発電量を記録するなど発電性能にも優れている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.