> > 佐賀県唐津市でICTを利用した高齢者見守りサービスと災害対策システムの実証事業

佐賀県唐津市でICTを利用した高齢者見守りサービスと災害対策システムの実証事業

記事を保存
佐賀県唐津市でICTを利用した高齢者見守りサービスと災害対策システムの実証事業

フリービット(東京都)は、佐賀県唐津市とコンパクトスマートシティサービスにおける実証事業の実施に関し合意したと発表した。また、その第一弾となる「高齢者向け安心見守り・デジタルトリアージシステムサービス」と市民向け低価格スマートフォンサービス「唐津スマホサービス」に関し、総務省の「ICT街づくり推進事業」の委託先候補として選定されたと発表した。

「高齢者向け安心見守り・デジタルトリアージシステムサービス」は、見守りセンサーとバイタルデータの収集、デジタルトリアージシステムによって、ICTを利用した独居老人の「完全なる見守りサービス」を提供するもの。

デジタルトリアージシステムとは、タブレットや電話で利用でき、簡単な質問に答えるだけで、重篤度や適切な処置対応が表示されるもの。これにより、将来の介護・見守り人材不足への対応、コンビニ診断等による医療費の高騰、医者リソース不足に対応していきたい考えだ。

なお、唐津には全市に既設の光ファイバーインフラが張り巡らされており、その光ファイバーインフラをインターネット閲覧用だけではなく、高齢者向け安心・安全サービスのインフラとしてそのまま利用する。

また、市民向け低価格スマートフォンサービス「唐津スマホサービス」は、フリービットが保有するMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスを利用したもので、平常時は、唐津ブランド発見地図や唐津ブランド発信サイトの閲覧、見守りサービスとして、不測の事態には災害対策システムとして活用できる。

唐津市は「響創のまちづくり」を基本理念に、情報基盤や公共インフラの整備等のくらしの安心に向けた基盤づくり、人材育成への取組み、新エネルギー事業の推進など様々な施策を進めてきた。フリービットは、クラウド化社会に対応する「スマートインフラ提供事業」を手がけ、2008年より市内に大規模コールセンター「SiLK Hotlines」を設置し、独自のIT技術でユーザーのサポートを行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.