> > ソーラーフロンティア、宮崎第二工場を再稼働 年内に新型太陽電池の生産も

ソーラーフロンティア、宮崎第二工場を再稼働 年内に新型太陽電池の生産も

記事を保存

ソーラーフロンティアは、2012年末から稼働を一時休止していた宮崎県宮崎郡清武町の宮崎第二工場(年産能力60MW)を7月1日から本稼働したと発表した。当面は、従来仕様の住宅向けCIS薄膜太陽電池モジュールを生産するが、厚木リサーチセンターで開発した画期的な新型太陽電池モジュールの商業生産に向けた最終調整を行ない、年内に国内市場に向け生産を開始する予定。

宮崎第二工場は2009年に商業生産を開始し、日本最大の太陽電池工場である国富工場を実現させるためのノウハウを蓄積してきた。2012年末からは生産拠点を最先端の国富工場に集約し、宮崎第二工場は一時休止していたが、新製品の生産の目途がたったことと国内市場で高まっているCIS薄膜太陽電池の需要に応えるため、このたび再稼働することとした。

同社では、高品質で高性能のCIS薄膜太陽電池モジュールを顧客に届けるために、宮崎県で原材料から製品までを一貫した生産プロセスを実現しており「メイド・イン・ジャパン」の太陽電池を生産してきた。今後も、さらに優れたCIS薄膜太陽電池モジュールの開発、生産を行っていくだけではなく、顧客にとってより付加価値の高い太陽光発電システムを提供できるよう努めていくとしている。

同社は昭和シェル石油の100%子会社で、銅、インジウム、セレンを使用して、独自技術によりCIS薄膜太陽電池の生産・販売を行っている。同社のCIS薄膜太陽電池は経済効率が高く、環境に優しいことを特徴としている。

【参考】
ニュース - ソーラーフロンティア、休止中の宮崎第二工場の生産を7月に再開

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.