> > 小水力発電の導入促進モデル事業に補助金 7月22日まで募集

小水力発電の導入促進モデル事業に補助金 7月22日まで募集

記事を保存

一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、小水力発電の導入促進を図るため、試験設備を用いた実用化に向けた実証事業に要する経費を補助する事業を実施する。本事業の公募説明会を福岡、大阪など5会場で開催する。

本事業は「平成25年度小水力発電導入促進モデル事業」。再生可能エネルギーのうち、小水力発電の導入促進においては、開発規模の小規模化や立地制約等で生じる「高コスト体質」がネックとなっている。そこで、本事業を実施することにより、高性能で低コストな小水力発電関連技術の開発、スケールメリットを生かせるような関連設備の標準化の促進、立地条件によらない効率的な事業運営モデルの開発など、現在の小水力発電を取り巻く各種課題の解決を目指す。

補助対象事業者は、小水力発電設備メーカーと発電事業者の共同申請が対象となる。但し、小水力発電設備メーカーと発電事業者の両方の機能を持つ事業者である場合には、単独申請が可能となる。具体的には、小水力発電設備メーカーは水車又は発電機の製造納入実績(ただし、設備の一部を改良し、新たに納入した実績も含む)をいう。発電事業者は、民間事業者等(法人及び青色申告を行っている個人事業者)、非営利民間団体、又は地方公共団体等をいう。

補助対象事業は小水力発電の導入促進を図るため、試験設備を用いた実用化に向けた実証事業であって、交付要件、規模要件等を満たす設備を導入等する実証事業が補助の対象となる。

補助率は補助対象経費の2/3以内。補助金額は補助対象経費に補助率を乗じた額となる。応募受付期間は6月20日(木)から平成25年7月22日(月)(17時必着)まで。

本事業の公募説明会は7月3日に東京、7月5日に福岡、7月8日に大阪、7月9日に名古屋、7月11日に仙台で開催する。

【参考】
NEPC - NEPC、小水力発電導入促進モデル事業の説明会を開催 募集は7月22日まで

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.