> > NEC、サプライチェーン全体のCO2排出量は約814万t Scope3で初集計

NEC、サプライチェーン全体のCO2排出量は約814万t Scope3で初集計

記事を保存

NECは、企業がサプライチェーン全体の温室効果ガス排出量を算定・報告するための国際的な基準「Scope3 スタンダード」に従い、調達から生産、廃棄にわたるサプライチェーン全体でのCO2排出量について2012年度実績分の集計を行い、その結果を公表した。

これによると、サプライチェーン全体でのCO2排出量(計814万トン)のうち94%がScope3に相当し、中でも同社が販売した製品の使用段階での排出が全体の60%と最も多いことが分かった。

この結果に基づき、今後、製品の使用段階での排出量削減に向け、製品のエネルギー効率を一層高める努力を続けるとともに、購入した製品・サービスなど他の比較的大きな排出量のプロセスでの改善に着手し、サプライチェーン全体でのCO2排出量の削減をさらに進めたい考えだ。

国内の省エネ法等では、企業が直接排出した温室効果ガス排出量「Scope1(工場、化石燃料・天然ガス等)」と、間接的に排出した「Scope2(電力等)」の管理が義務づけられてきた。これに加えて、近年、世界では企業が間接的に排出するサプライチェーンにおける排出量「Scope3(製造、輸送、出張、通勤等)」の管理・公表の動きが進んでいる。

同社は、従来「炭素統計」として自社のエネルギー使用や物流、紙の使用、従業員の出張によるCO2排出量や、ITソリューションの提供によるCO2削減貢献量について独自に集計・公表してきた。今回、サプライチェーン全体でのCO2排出量のさらなる削減を推進するため、同社として初めて2012年度実績分についてScope3 スタンダードに従った集計を行った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.