> > 兵庫県、農業用ため池で「フロート式太陽光発電」の実証実験

兵庫県、農業用ため池で「フロート式太陽光発電」の実証実験

記事を保存
兵庫県、農業用ため池で「フロート式太陽光発電」の実証実験

兵庫県は、農業用のため池の水面を再生可能エネルギー源として活用するため、ため池の水位変動に対応できる「フロート式太陽光発電」を整備し、発電・売電を開始する。ため池の池干し時における発電状況や風・波による影響などを、パネルの傾斜角度やフロートの係留方法が異なる2つの発電装置で実験。最適なフロート式太陽光発電を求め、その周知・普及を図る。整備場所は浄谷新池(兵庫県小野市)。発電開始は7月15日。

フロート式太陽光発電の概要は、次の通り。

区分 パターンI パターンII
発電規模 20kW(パネル80枚) 20kW(パネル80枚)
パネル傾斜角度 10度(フロート面積232平方メートル) 20度/水面における最大傾斜角(フロート面積256平方メートル)
フロートの係留方法 陸地からワイヤーで係留 フロートの四角から池底に沈めた重りにより係留
散水装置の設置 フロートの中央部分に散水装置を設置し、散水の有無による影響の分析を行う

【参考】
兵庫県 - 農業用ため池水面を活用したフロート式太陽光発電の実証実験の開始(PDF)
ニュース - フロート式水上メガソーラー、韓国の技術を導入し埼玉県など全国10カ所に設置

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.