> > 佐賀県、230kWの県営ダムで小水力発電を行う民間事業者を募集

佐賀県、230kWの県営ダムで小水力発電を行う民間事業者を募集

記事を保存

佐賀県は、県営ダムの中でも最大規模の「中木庭(なかこば)ダム(佐賀県鹿島市)」で、放流水を利用して、小水力発電所を設置・運営する民間の発電事業者の募集を開始した。

同ダムの集水面積は13.5平方キロメートル、出力規模は最大約230kW(一般家庭1.2 kWの場合190世帯分に相当)。選定方法は公募型プロポーザル方式で、提案の実現性や県内での波及効果にポイントを置く。8月5日まで意思表明書、10月に技術提案書を受け付け、11月に事業者を決定する。8月19日には現地説明会を実施予定。なお、既設のダムで新たに民間事業者が小水力発電所を設置・運営するのは九州では初めて。

【参考】
佐賀県 - 県営中木庭ダムで小水力発電事業を行う民間事業者を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.