> > 東レ、石川県の工場で炭素繊維複合材料の生産設備を増強、需要拡大に対応

東レ、石川県の工場で炭素繊維複合材料の生産設備を増強、需要拡大に対応

記事を保存
東レ、石川県の工場で炭素繊維複合材料の生産設備を増強、需要拡大に対応

東レは、石川工場(石川県能美市)において、炭素繊維「トレカ®」を使用した炭素繊維複合材料のプリプレグ(炭素繊維に樹脂を含浸させたシート状のもの)の生産設備増強を決定したと発表した。約30億円を投じて、高付加価値のプリプレグを効率的に生産できる最新鋭の設備を導入し、2015年2月に生産を開始する予定。

石川工場では、2009年7月からスポーツおよび産業用途向けに「トレカ® プリプレグ」を生産している。また、本年末にはボーイング787型機の組立機数が月産10機に到達することが見込まれることから、現在ボーイング社の設備認定取得作業を進めており、来年初頭からは787型機向けの供給も開始する予定。

今回の第2系列増設は、IT機器の筐体や自動車の外板(ボンネットやルーフ等)など、品質の均一さや外観の良さが求められる産業用途高付加価値プリプレグの需要増に対応するための能力増強であり、あわせて増産効果によるコスト競争力強化も狙いとしている。また、増設設備は、787型機向けのプリプレグ生産にも対応できる仕様となっており、今後の需要動向にあわせた柔軟な用途対応を可能にしている。

炭素繊維複合材料は、自動車や航空機などの軽量化による省エネルギーの推進に加え、風力発電機翼やシェールガス等の貯蔵および輸送用圧力容器に使用されることで新エネルギーの普及に貢献する先端材料として、今後さらなる需要の拡大が見込まれている。

東レグループでは、「トレカ® プリプレグ」を、日本の愛媛工場、石川工場の他、米国の子会社Toray Composites (America), Inc.(米国ワシントン州タコマ市)で生産している。今回の増設により、高付加価値品市場への「トレカ®」プリプレグの安定供給体制を強固なものするとともに、3拠点の生産能力をバランスさせることでBCP(事業継続計画)をより確実なものとする。

東レは、現在取り組んでいる中期経営課題「プロジェクト AP-G 2013」において、「ケミストリーの力」を駆使して、地球環境問題や資源・エネルギー問題といった地球規模の課題解決に貢献することを目指す「グリーンイノベーション事業拡大(GR)プロジェクト」を推進している。同社は今後もGRプロジェクトの中核を成す事業として炭素繊維複合材料事業の積極的な拡大に努めていくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.