> > 福島県に半導体製造技術を活かした植物工場 富士通が低カリウム野菜を栽培

福島県に半導体製造技術を活かした植物工場 富士通が低カリウム野菜を栽培

 印刷 記事を保存

富士通グループは、富士通ホーム&オフィスサービス株式会社を中心として、福島県会津若松市において、半導体工場のクリーンルームを転用し、「食・農クラウド Akisai(アキサイ)」を活用した低カリウム野菜の大規模植物工場の実証事業を開始する。

実証地域は福島県会津若松市、期間は2013年7月から2014年3月末までを予定し、生産規模は日に3,500株を見込んでいる。2,000平米の実装面積は、低カリウム野菜を栽培する植物工場としては国内最大級となる。

人工透析患者、慢性腎臓病患者など、カリウムの摂取制限を受けている患者は、野菜を生で食べることができず、カリウム含有率の低い野菜の栽培への需要が高まっている。

(※全文:304文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.