> > 農水省、作物への放射性物質の影響を低減させる研究結果を発表

農水省、作物への放射性物質の影響を低減させる研究結果を発表

 印刷 記事を保存

農林水産省は、農林水産技術会議において、土壌から農作物など(米、大豆、そば、牧草)への、放射性物質が移行する要因を把握し対策をたてるため、研究成果を取りまとめた。基準値を超える量の放射性物質が検出された農作物の生産上の課題に取り組んでいる。

この研究は、「農地環境に応じた農作物への放射性物質移行低減対策確立のための緊急調査研究」という名目で、農作物への放射性物質が移行する要因の解明と、基準値超過要因の地理的分布の把握を主目的として行われた。

研究の各概要とその結果は下記の通りとなっている。

(※全文:1,110文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.