> > ソフトバンクなど、香川県の離島で日産製超小型電気自動車のレンタル実験

ソフトバンクなど、香川県の離島で日産製超小型電気自動車のレンタル実験

記事を保存
ソフトバンクなど、香川県の離島で日産製超小型電気自動車のレンタル実験

香川県小豆郡土庄町とソフトバンクモバイルなどは、香川県豊島(てしま)の観光資源としての価値向上などを目的に「豊島モビリティ協議会」を設立し、7月20日より環境低負荷型の電気自動車 超小型モビリティ「NISSAN New Mobility Concept」を活用した実証実験を実施する。

具体的には、6台の超小型モビリティを、豊島に来る観光客などにレンタカーとして貸し出し、島内の交通手段として活用してもらうもの。島内には、充電設備として「ユビ電スタンド」を2カ所設置する。利用料金は、1日8,400円(充電料金含む)。実施期間は2014年3月31日まで。

豊島は、瀬戸内海に浮かぶ周囲約20kmの小さな島で「食とアートの島」として知られている。この豊島で超小型モビリティを活用して島内の移動手段を充実させることで、観光資源としての価値向上と地域活性化を図るとともに、低炭素・省エネルギーで環境に負荷をかけない循環型社会の実現を目指す。今回の実証実験は、「瀬戸内国際芸術祭2013」の夏の会期の始まりにあわせて実施する。

「ユビ電」は、個人が自宅以外でも自由に電気を利用できることを目指してソフトバンクモバイルが開発中の充電・認証システム。今回設置される「ユビ電スタンド」では、プラグを挿すだけで、どの車が、いつ、どのスタンドでどれだけ充電したかをリアルタイムに把握できる技術を検証する。なお、ベネッセホールディングス、電気自動車普及協議会も同事業に参加する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.