> > 自動車用ケミカル材料世界市場 2016年に5兆5,043億円へ、年平均4.3%成長

自動車用ケミカル材料世界市場 2016年に5兆5,043億円へ、年平均4.3%成長

 印刷 記事を保存

富士キメラ総研は、自動車のCO2排出削減対策、軽量化、ハイブリッド化・電動化などを背景に、重要度を増している樹脂およびエラストマー等の自動車用ケミカル材料の世界市場を調査した結果を発表した。

自動車用ケミカル材料の世界市場は、2012年が1,258万トン(前年比6.0%増)、4兆6,522億円(同4.6%増)。2016年の市場は2012年から年平均4.3%成長し、5兆5,043億円となる見通し。「サスティナブル(持続可能な)」を背景に高付加価値材料が成長する。

注目品目として、ポリフェニレンサルファイド(PPS)をあげた。PPSは耐熱性、耐ガソリン性、電気的特性の良さを活かして、電装品やエンジン周辺部品として自動車の心臓部分に採用されている。主に欧米系自動車メーカーの高級車を中心に採用が広がり、2012年の市場は前年比19.2%増の465億円となった。

今後はハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)への適用も進み、採用部位も拡大してさらなる市場拡大が予測される。アルミなどの金属代替、HVでの採用・使用量の増加により、2016年の市場は2012年から年平均6.8%成長し、604億円となる見通し。

また、合成ゴム分野の溶液重合スチレンブタジエンゴム(S-SBR)は、低燃費タイヤの普及により市場が拡大し、2016年の市場は2012年から年平均8.3%成長し、3,750億円となると予測する。

自動車用ケミカル材料の世界市場の概要は以下の通り。

(※全文:1,707文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.