> > トヨタ、豊田市の工業団地で熱・電力のFEMS構築へ

トヨタ、豊田市の工業団地で熱・電力のFEMS構築へ

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車は、愛知県豊田市内において、同社の工場と周辺の中小規模工場を含めて、工場排熱や発電電力を工業団地内で共有・有効活用するエネルギーシステムの構築の検討を開始すると発表した。2014年度の実証開始を目指し、本年7月よりマスタープラン策定とフィージビリティスタディ(実行可能性調査)を実施する。

本取り組みは、経済産業省が2010年4月より推進している「次世代エネルギー・社会システム実証事業」のひとつである「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」の一環として行うもので、経済産業省の支援のもと、地域のエネルギー会社と連携し、産官学の検討体制で推進する。

今後、家庭、交通の分野に加え、工業団地における熱・電力の共有システムの構築を通じ、地域全体でのエネルギー最適化と低炭素化を目指す。

具体的な取り組みの概要は以下の通り。

(※全文:1,332文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.