> > 大成建設、1,4-ジオキサンの生物浄化技術実証試験 コスト・CO2削減に貢献

大成建設、1,4-ジオキサンの生物浄化技術実証試験 コスト・CO2削減に貢献

記事を保存
大成建設、1,4-ジオキサンの生物浄化技術実証試験 コスト・CO2削減に貢献

大成建設は、岩手・青森県境の産業廃棄物不法投棄現場において、1,4-ジオキサンの生物浄化技術の実証試験を開始すると発表した。

同社は、大阪大学及び北里大学と共同で、1,4-ジオキサンで汚染された地下水の浄化技術の開発を進めている。本技術は、大阪大学が発見した1,4-ジオキサン分解菌を用いた浄化手法であり、従来技術と比較してコストやCO2排出量の大幅な低減が見込まれている。

今回、本技術の実証試験を同現場において開始する。今後は、この実証実験で浄化技術を確立し、さまざまな汚染土壌・地下水対策に展開していく予定。

1,4-ジオキサンは、発がん性の疑いがある一方、高い水溶性を示すとともに揮発性や吸着性、生分解性等が低いことから、いったん水中へ放出されると広域に拡散してしまい、除去が困難な物質とされている。実際に国内の河川や地下水等において1,4-ジオキサンが検出される事例が報告されており、日本では各種基準において規制の対象となっている。

1,4-ジオキサンの浄化手法としては、紫外線、オゾンや過酸化水素などの酸化剤を組み合わせた浄化方法である促進酸化法(AOP)が挙げられるが、本手法は投入エネルギーや処理コストが高くなるといった問題がある。また、対象とする汚染水に1,4-ジオキサン以外の有機物や還元物質が含まれていると、処理性能が著しく低下するといった課題も抱える。

今回、実証試験を予定している生物浄化技術は、AOPにおけるこれらの問題を解消できる画期的な技術だと説明している。本技術は、高価な薬品を必要とせず、投入する電力量も少ないことから、コストを大幅に削減できる。ランニングコストにおいては、AOPの1/10程度まで低減できる見込み。また、生物を利用した浄化方法であるため、処理に伴うCO2排出量も大幅に低減できる。

さらに、本技術で用いる1,4-ジオキサン分解菌は、重金属類や揮発性有機化合物による阻害を受けにくい特長を有している。そのため、これらの有害物質を含んだ汚染地下水においても、効率良く1,4-ジオキサンを分解できることから、安定した浄化が期待できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.