> > 日産とDHL、東京都内で電気商用車の実証運行を開始 来年発売を予定

日産とDHL、東京都内で電気商用車の実証運行を開始 来年発売を予定

記事を保存
日産とDHL、東京都内で電気商用車の実証運行を開始 来年発売を予定

日産自動車は、2014年中の発売を予定している100%電気商用車「e-NV200」の市場投入に向けた実証運行を、物流会社のDHLジャパン(東京都品川区)と協働で、東京都内にて開始したと発表した。

DHLジャパンは、7月12日から約3週間、日産が貸与する「e-NV200」のモニター車を、東京都千代田区丸の内周辺の企業や商業施設などへの荷物の集配に活用し、経済性や環境性能、電気自動車(EV)としての実用性や可能性を検証する。日産は、これにより得られた結果を、同モデルの今後の商品開発に反映する。

「e-NV200」は、日産が「日産リーフ」に続き、グローバルに販売する2車種目のEVとなる。同社では、ゼロ・エミッション領域における同社のリーダーシップをより確固たるものにすると同時に、商用車市場に大きな革新をもたらすモデルと位置付けている。

DHLジャパンは、グローバルに国際物流サービスを展開するDHLの日本法人。同社と親会社であるDHLは、グローバルな環境プログラム「Go Green」のもと、2020年までにグループ全体でCO2排出量を2007年比で30%削減することを目標に掲げ、その達成に向けて環境車両の導入や施設への省エネルギー設備の配置などを進めている。

カーボンニュートラルな輸送サービス「DHL Go Green」をロジスティクス企業として初めて導入したほか、グループ本社のあるドイツにおいてはEVの普及促進策を打ち出すなどの環境活動を推進している。そのなかで、DHLジャパンも現在、EVの導入を含めた環境車両の拡大の可能性を検討している過程にあり、今回、日産とのニーズがあったため、この実証運行が実現した。

---

「e-NV200」は、ブリティッシュガスや日本郵便、イオンリテール、さいたま市など、多くの大手企業や自治体との実証運行を重ねてきている。その実証運行の中では、快適なドライビング、CO2排出量の削減、積載能力の高さ、など多くの点において好意的な意見を得ているという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.