> > 「PV施工技術者」認定試験、eラーニング研修の提供開始

「PV施工技術者」認定試験、eラーニング研修の提供開始

記事を保存

エコリンクス(京都市)は、8月25日に実施される第2回「PV施工技術者」認定試験の受験者を対象とした「PV施工技術者認定試験 合格対策eラーニング」を開設した。これは、全14章の研修テキストの全章から132問の練習問題を作成し、問題・解答・解説をインターネット上で提供するもの。タブレット端末でもアクセスが可能で、時間の制約もないため、都合のよい時間に学習できるのが特長。受講費は3万1,500円。

練習問題は、認証研修で講義しているポイントを元にしたもの。第1回認定試験問題を参考にし、本試験と同じ5択形式の模擬試験(50問)もついている。メールで質問も受け付け、認証研修の講師によるフィードバックも受けられる。

PV施工技術者認定試験は、「PV施工技術者制度」の一環として実施される。同制度は、太陽光発電システム設置の際に必要とされる施工者の基礎的な知識や技術の習得レベルを、事業者団体であるJPEAが認定することにより、太陽光発電業界全体の施工品質水準の確保・向上を図るために創設されたもの。

認定試験の試験範囲は、「発電の原理」「システム構成機器の働き」「住宅の構造」「施工方法」「関連法規」など非常に多岐にわたる。太陽光発電協会(JPEA)から研修テキストが発刊されているが、独学で試験対策を行うのは難しい。

そこで、同制度の創設に関わり、第1号認証研修機関でもある「京都エコエネルギー学院」(エコリンクスが運営)では、今年1月より認証研修及び合格対策研修を行ってきたが、今回、より多くの受験者を支援すべく、合格対策研修のeラーニングでの提供を開始した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.