> > 群馬県のメガソーラー、パナソニック製HIT太陽電池を採用

群馬県のメガソーラー、パナソニック製HIT太陽電池を採用

記事を保存
群馬県のメガソーラー、パナソニック製HIT太陽電池を採用

パナソニック株式会社エコソリューションズ社は、群馬県太田市が運営している「おおた緑町太陽光発電所」に、同社製太陽電池モジュール「HIT233シリーズ」4,560枚を納入した。

HIT太陽電池モジュールは、単結晶シリコン基板に薄膜アモルファスシリコンを積層した同社独自のハイブリッド構造により、高い発電量を実現。同じ発電量を得るにあたり、少ない枚数での設置が可能。また、温度特性に優れ、夏場の高温時にも出力が低下しにくい。

今回の既存建物の屋上への設置においては、建物躯体にかかる重量負荷の軽減が求められており、高効率、高品質の「HIT233シリーズ」が採用された。また、太陽電池モジュールを屋根に直接固定し、設置用架台をなくす工法により、さらに重量負荷を軽減した。なお、同モジュールの変換効率は18.2%。最大出力は233W。

群馬県太田市は「太陽光のまち」として太陽光発電の導入を積極的に進めている。昨年7月からは、自治体単独では初のメガソーラー発電事業として「おおた太陽光発電所」を運営。今回は同事業の第2弾で、同市内のカインズ太田流通センターの屋上スペースを活用。出力1MW、年間売電電力量約110万8千kWhで、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づいて全量売電する。売電収入は年間約4,100万円(20年間平均)を見込んでいる。

今回の既存建物の屋上への設置においては、建物躯体にかかる重量負荷の軽減が求められており、高効率、高品質の「HIT233シリーズ」が採用された。また、太陽電池モジュールを屋根に直接固定し、設置用架台をなくす工法により、さらに重量負荷を軽減した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.