> > 結晶系・薄膜太陽電池のJIS(品質)を改正 試験方法を一本化・国際対応

結晶系・薄膜太陽電池のJIS(品質)を改正 試験方法を一本化・国際対応

記事を保存

経済産業省は、「結晶系及び薄膜太陽電池モジュール」のJIS規格を改正したと発表した。今回の改正では、JIS C 8918及び8939における試験方法を、国際規格と整合した認証規格における試験方法に整合させることにより、試験方法の一本化・国際整合化を図った。これにより、事業者等の負担の軽減につながるとともに、国際市場への参入の促進に寄与することが期待される。

JIS C 8918及びC8939は太陽電池モジュールに対する製品規格で、太陽電池モジュールの一定品質の確保に寄与している。また、太陽電池モジュールに関する別規格として、国際規格と整合した性能認証の規格(JIS C 8990、8991)及び安全性認証の規格(JIS C 8992-1、8992-2)が存在し、市場に流通させる製品は、これらの規格に基づく認証が必須と言える状況にある。

認証規格では塩害を想定した試験が規定されていないこともあり、改正前のJIS C8918及びC8939においては、日本独自の試験方法(C8918においてはC8913、C8914及びC8917、C8939においては C8934、C8935及びC8938)を引用していた。この結果、塩害を想定した試験以外の試験項目において、認証規格における試験とJIS C8918及びC8939に基づく試験の二重の試験が要求されることもあり、事業者等にとって負担となっていた。本改正により、JIS C8918及びC8939における試験方法の一本化・国際整合化を図った。

今回の改正のポイントは以下の通り。

(1) 絶縁性能

国際整合を図るため、性能・試験方法を以下のとおり変更した。

  改正前 改正後
C8918 C0703に基づき規定 絶縁抵抗、耐電圧についてはC8990を、衝撃電圧についてはC8992-2を引用
C8939 C0703に基づき規定 絶縁抵抗、耐電圧についてはC8991を、衝撃電圧についてはC8992-2を引用

(2) 機械的性能

国際整合を図るため、性能・試験方法を以下のとおり変更した。

  改正前 改正後
C8918 当該規格独自に規定 C8990を引用
C8939 当該規格独自に規定 C8991を引用

(3) 耐候性

国際整合を図るため、性能・試験方法を以下のとおり変更した。

  改正前 改正後
C8918 C8917を引用 温度サイクル、耐熱・耐湿性、温湿度サイクル、耐光性についてはC8990を、耐塩水性についてはIEC61701を引用
C8939 C8938を引用 温度サイクル、耐熱・耐湿性、温湿度サイクル、耐光性についてはC8991を、耐塩水性についてはIEC61701を引用

(4) 出力端子

最小絶縁距離について、国際整合を図るため、JIS C 8992-1を引用する形へ変更した。また、絶縁のための保護カバーの保護等級について、保護等級について規定しているJISC0920が改正されたため、旧規格の「防雨形」という表記を、現行C0920に基づき「IPX3」に変更した。

JIS規格は鉱工業品の品質改善、性能・安全性の向上、生産効率の増進等のために用いられている。経済産業で、技術の進歩や、安全性向上等必要に応じて、JIS規格を制定・改正している。今回は平成25年7月分として5件の制定及び11件の改正を行った。中でも、「結晶系及び薄膜太陽電池モジュール」と「油圧-プラダ形アキュムレータ」の改正は、特に重要と捉えている。

【参考】
経済産業省 - 日本工業規格(規格)を制定・改正しました(平成25年7月分)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.