> > ソーラーフロンティア、住宅向けに軽量・高出力のCIS薄膜太陽電池を発売

ソーラーフロンティア、住宅向けに軽量・高出力のCIS薄膜太陽電池を発売

記事を保存
ソーラーフロンティア、住宅向けに軽量・高出力のCIS薄膜太陽電池を発売

ソーラーフロンティア(東京都)は、ガラス基板構造のCIS薄膜太陽電池モジュールとして、世界最軽量となる製品「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」と、同社製品の中で過去最高出力となる「高出力モジュール SF170-S」の2製品を、国内住宅市場に向けて、新たに発売する。

「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」は、同社独自のCIS技術を取り込んだ薄型軽量モジュールで、厚さ約6.5mmというスマートフォン並みの薄さを実現し、重さは約8.0kgで、従来製品と比較し40%の重量減となった。

また、CIS技術のもたらす「ねじれに強い」特性により、フレームレスのデザインが可能となり、屋根へのフィット感が高いとしている。同製品は、10月より生産開始、11月に出荷予定。

ソーラーフロンティア、新製品写真2種

製品写真

一方、SFシリーズの最新型である「高出力モジュール SF170-S」は出力170Wで、同社製CIS薄膜太陽電池としては過去最高出力となる。

同製品は先行してこの7月から出荷が開始された。両製品とも、宮崎県内の工場で生産される。

また、それぞれの新モジュールの発売に合わせて、クロスワン工法という新たな工法を取り入れた住宅用架台も販売する。この工法では、住宅への太陽光発電システム設置時に、屋根に取り付ける金具やモジュールを固定する機構を工夫することで、屋根への負担を減らし、設置時間も従来より40%短縮することができる。

ソーラーフロンティアのCIS技術は、1993年に研究が開始され、今年で20年目。同社は、独自開発したCIS薄膜太陽電池モジュールに関し、実際の環境下での発電能力の高さとデザイン性の良さを特長としてあげている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.