> > 中小企業でも利用できる山善の排出権取引サービス 「J-クレジット制度」に対応

中小企業でも利用できる山善の排出権取引サービス 「J-クレジット制度」に対応

記事を保存
中小企業でも利用できる山善の排出権取引サービス 「J-クレジット制度」に対応

工作機械や住宅設備機器等を扱う専門商社の山善は、省エネ機器の普及とJ-クレジット制度の活用による新しい形のCO2削減スキーム「新Green Ball Project」を開始すると発表した。本スキームを通じ、今年度4万トンのCO2削減効果の創出と、同社と取引のある企業200社のカーボンフリー化の実現を目指す。

「Green Ball Project(GBP)」は、エコ機器の販売だけにとどまらず、それまで小さすぎて見過ごされていた中小企業や個人レベルでのエコ機器購入(CO2削減効果)を数値化(見える化)した上で、それに見合う排出枠(クレジット)を付与するという業界初の取り組みとして、同社が2008年にスタートした。GBPに参加する企業は、住宅会社から機械工具販売店まで多岐に広がっており、本スキームによる京都議定書第一約束期間(2008~2012年度)内での累計CO2削減効果量は13万7,516tとなっている。

本年度からは、新GBPとして、国がこれから進めていく「J-クレジット制度」との連動を図り、エコ機器の普及拡大と、それを販売する企業自身のカーボンフリー化を進めるものとして実施する。本スキームは、制度に基づく排出枠(J-クレジット)の“創出スキーム”と、その排出枠をGBP参加企業に効果的に付与する(利用価値を高める)“活用スキーム”からなる。新GBPでは特に、国がこれから進めていくJ-クレジット(排出枠)活用促進策として、参加企業によるカーボンオフセットやカーボンフリーを後押しする認証制度を整備した。

スキームの全体像イメージ

スキームの全体像イメージ

具体的には、本スキームへの参加企業に対して、以下のサービス・サポートを提供する。

(1) カーボンフリー化サポートサービス

「GREEN BALL PROJECT COMMITTEE」認証マーク

「GREEN BALL PROJECT COMMITTEE」認証マーク

参加企業のCO2排出量を算定。さらに、参加企業によるエコ機器の普及活動を通じて削減できたCO2削減効果量(Y-VER:同社が独自に認定したクレジット)と相当の排出枠(J-クレジット等)を付与し、企業活動において削減が困難なCO2排出量をオフセット(埋め合せ)することを勧め、参加企業をカーボンフリー企業へと導く。また、カーボンフリー(全量埋め合わせ)となった参加企業には、第三者機関「GREEN BALL PROJECT COMMITTEE」によって、認証マークが付与される。

(2) J-クレジット制度活用サポート

大型空調工事や高効率給湯設備の導入などを考えているオーナーや事業主に対して、「J-クレジット制度(国内排出削減量認証制度)」を活用し、その削減事業がもたらすCO2削減効果のクレジット化を実現するため、計画立案から効果試算、認証申請までをトータルでサポートする。またプロジェクトの共同実施にも積極的に参画し、認証されたクレジットを購入して「YAMAZEN CARBON POOL」へストック、GBPのスキームでの活用を図ることで、J-クレジットの利用価値を高めていく。

京都議定書の第一約束期間(2008~2012年度)の終了や、エネルギー問題、大気汚染、異常気象などといった環境問題に対する世情の意識も大きく変化し、従来以上に企業活動や実体的なCSRとしても環境負荷低減が求められるようになってきている。そこで、同社では、商売と社会的責任の両立を目指す独自のスキームとして、新GBPを開始することとしたと説明している。

【参考】
新国内クレジット制度、本格始動へ 各種規程まとまる(4/22)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.