> > 神戸製鋼の小型バイナリー発電システム、低圧・余剰蒸気等も利用可能に

神戸製鋼の小型バイナリー発電システム、低圧・余剰蒸気等も利用可能に

 印刷 記事を保存

神戸製鋼は、工場排熱や地熱等を利用して発電する、高効率・小型バイナリー発電システム「マイクロバイナリー」シリーズの新機種「MB-125S」を開発し、8月より販売を開始する。同製品は、有効活用が進んでいない110~130℃程度の低圧・余剰蒸気を利用する「蒸気熱源仕様機」で、同温度帯に対応する小型バイナリー発電機としては国産初。

同社独自技術であるスクリュタービンの採用により高効率化を実現し、同社冷凍機・ヒートポンプ等の量産技術の活用や部品の共通化を図ることで、本体ユニット価格3,800万円という低価格を実現。

また、2011年から発売している「MB-70H」は、70~95℃程度の温水を熱源として利用し発電する「温水熱源仕様機」で最大発電端出力72kWだったが、新機種は110~130℃程度の低圧蒸気の凝縮熱を回収することで、最大発電端出力125kWに向上している。同社は、「MB-70H」と合わせて2015年度に年間約30億円の売上を目指す。

「マイクロバイナリー」シリーズは、簡易型・小型バイナリー発電装置を商品化したもので、70~95℃程度の温水から発電するオーガニックランキンサイクル方式のバイナリー発電システム。同社の圧縮機、冷凍機の技術をベースに開発したスクリュタービンを採用し、熱源の条件変動に強く高効率な発電性能を有している。

(※全文:1,024文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.