> > 「第4回 省エネ・照明デザインアワード(平成25年度)」の募集開始

「第4回 省エネ・照明デザインアワード(平成25年度)」の募集開始

記事を保存
「第4回 省エネ・照明デザインアワード(平成25年度)」の募集開始

環境省では、省エネ照明を率先して導入し、省エネと高いデザイン性の両立を達成している施設等を募集し、グランプリ及び優秀事例を選定・表彰する「第4回省エネ・照明デザインアワード(平成25年度)」を実施する。応募期間は8月1日(木)から10月4日(金)(17時事務局必着)まで。

本事業では、商業施設、店舗等の照明について、施設等の特性に応じ、照明器具の配置や光源の使い方に優れ、省エネと魅力的な空間づくりの両立を実現している施設等を募集し、優秀事例を選定・表彰し、全国に広く紹介する。CO2排出量が1990年比で約3割増加している商業施設、オフィス等の業務部門のうち、その約2割を占める照明について、省エネ対策を一層推進することを目的としている。

優秀事例の選定に当たっては、環境省が設置する「省エネ・照明デザインアワード」審査委員会の審査を経て、「公共施設・総合施設部門」「商業・宿泊施設部門」「まち、住宅、その他部門」各部門グランプリ1点ずつ、優秀事例計20点程度を選出する。

本アワードで選定された施設等の取り組みについては、来年1月に環境省が開催する「省エネ・照明デザインフォーラム」、環境省が作成する「省エネ・照明デザインブック」、WEB、映像、雑誌等を通じて、CO2の削減効果、空間デザインの設計手法、新しい技術、導入手法等を全国に紹介する。

応募は、専用ホームページから申請書をダウンロードし、所要事項を記載し「省エネ・照明デザインアワード事務局」まで郵送で提出する。優秀事例の表彰、取り組み事例の発表は、平成26年1月21日(火)に省エネ・照明デザインフォーラムにて行う。平成26年2月中旬~3月に優秀事例の広報を実施する。

「平成24年度 省エネ・照明デザインアワード」では、以下の取り組みがグランプリを受賞している。公共施設・総合施設部門では、「高い省エネ性と用途毎に使い分けた照明設計 大規模複合テナントビルの革新例」として、飯野ビルディング(東京都千代田区、事業者:飯野海運)が受賞。本施設では、オフィスフロアのベース照明としてLEDを全面採用し、複合テナントビルとして革新的なC O2排出量50%削減を実現している。

商業・宿泊施設部門では、「自然の光をイメージし、優しく気持ちの良い環境の創造を図った大規模ショッピングエリア」として、二子玉川ライズ・ショッピングセンター(東京都世田谷区、事業者:東京急行電鉄、東急不動産)が、まち、住宅、その他部門では、「デザイン性と実用性を両立させた外構照明と居住空間のCO2の「見える化」を融合したエリアづくり」として、パークシティ柏の葉キャンパス二番街 コモン(千葉県柏市、事業者:三井不動産レジデンシャル)が受賞している。

グランプリ・優秀事例に見る省エネ・照明デザイン最新動向として、「タスク&アンビエント」「自然光の積極導入&サーカディアンリズムの導入」「輝度シミュレイーションの導入&昼光センサー・人感センサーとの併用」の3点があげられている。

【参考】
「天井に照明をつけない」タスク・アンビエント方式、電力6割減(6/24)
岡村製作所の環境配慮型LED照明システム、オフィスの電力使用量60%削減(1/30) 環境省 - 「第4回 省エネ・照明デザインアワード(平成25年度)」の公募について(6/24)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.