> > 東京都・アジアヘッドクォーター特区に初誘致 ベルギーの太陽光システム企業

東京都・アジアヘッドクォーター特区に初誘致 ベルギーの太陽光システム企業

記事を保存
東京都・アジアヘッドクォーター特区に初誘致 ベルギーの太陽光システム企業

太陽光発電システムの販売・施工を行うライジングコーポレーション(大阪府)と欧州最大規模の太陽光システムインテグレータのIkaros社(ベルギー)は、東京都の「アジアヘッドクォーター特区」の取組みの一環として実施されている外国企業誘致の支援プログラムを活用し、合弁会社イカロスライジングコーポレーション(仮称)を設立する。

グローバルで100MW以上の設置実績を有するIkaros社のノウハウ・購買力を、ライジングコーポレーションが日本市場向けにアレンジし、グローバル価格・グローバル品質を導入することで、日本の標準的な価格から10-20%安価で高品質の太陽光発電システムの投入を目指す。

合弁会社は、地震、強風、高温多湿など日本の状況に合わせた太陽光発電システムを提供するため、太陽光発電施設から収集したデータの解析、発電施設の設計・建築手法等の研究開発も行う予定。同社は「アジアヘッドクォーター特区」内に設置される。

東京都は、アジア地域の業務統括拠点や研究開発拠点のより一層の集積を目指し、「アジアヘッドクォーター特区」を立ち上げ、優遇税制や規制緩和や財政・金融支援などにより、新たな外国企業の誘致を行い、2016年までに、アジア地域の業務統括拠点、研究開発拠点50社を含む、外国企業500社を誘致することを目標に掲げている。

なお、今回、東京都から委託を受けたアクセンチュアが、Ikaros社に対して日本におけるビジネスパートナー検討支援サービスを提供し、ライジングコーポレーションとIkaros社との合弁会社設立を支援した。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.