> > 三菱重工、東南アジアのごみ焼却施設市場開拓へ シンガポールに新拠点

三菱重工、東南アジアのごみ焼却施設市場開拓へ シンガポールに新拠点

記事を保存
三菱重工、東南アジアのごみ焼却施設市場開拓へ シンガポールに新拠点

三菱重工業のグループ会社である三菱重工環境・化学エンジニアリング(MHIEC)は、東南アジアで相次ぐごみ焼却施設整備計画の需要を開拓するために、8月1日付で、シンガポールに営業拠点を開設すると発表した。三菱重工が同地域内各国・各都市に構える現地拠点と連携することにより、情報収集や現地協業交渉などを優位に展開、東南アジアを中国など東アジアに次ぐ重点市場に育てていく。

MHIECは、中国・北京市に環境装置の営業拠点となる現地法人を昨年2月に開設している。今回シンガポールでも拠点を確保したことで、グローバル市場にも軸足を置いて事業拡大を加速させていく考えだ。

東南アジアでは現在、経済成長を背景にタイやインドネシア、マレーシアなどの都市部で大規模なごみ焼却施設の整備計画が相次ぎ、都市ごみ処理に対する投資の本格化が見込まれている。このため、日本を含めた海外の環境装置メーカーはこれら案件への対応準備に着手している。

MHIECは、三菱重工が長年培ってきた環境装置分野の技術開発力と国内外にわたる豊富なごみ処理施設の建設・運営ノウハウを2008年に継承。多数の実績に基づく、建設から運営までの総合的ソリューション提案力を強みとしている。シンガポールでは、2000年に完成した1日当たり4,320トンという世界最大級の処理能力を持つごみ焼却施設をはじめ3件を受注するなど、東南アジアでは業界最多の納入実績を誇っており、地元からも高い評価を得ている。

シンガポールの営業拠点は、三菱重工100%出資のシンガポール法人Mitsubishi Heavy Industries Engineering & Services Private Ltd.(MIES)の事業部門「環境設備ビジネスユニット」として開設。当面はMHIECが駐在員1名を派遣する。

三菱重工のアジア・パシフィック地域拠点を統括する三菱重工アジア・パシフィック総代表室(MHI-AP)とも連携し、ASEAN(東南アジア諸国連合)地域を中心に、全般的な市場・営業情報やごみ焼却施設整備動向の収集、現地企業との協業交渉など、案件の発掘や獲得に向けた各種の活動に取り組む。このため、MIES、MHI-APのほか、三菱重工の現地法人や事務所の支援により情報ネットワークを整備。現地のごみ焼却施設整備計画で重要な立場を占める関係先との接点づくりなどを進め、地域内でのさらなる認知向上や信頼関係の構築をはかる。

【参考】
アジア各国の廃棄物処理 文化的多様性がキー(2013/1/28)
そのスマートフォンやPCが著しい人権侵害や環境破壊に加担しているかもしれない?(2013/2/11)
アジアで廃棄物処理ビジネスを展開する時に重要なポイント3つ(2013/2/11)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.