> > 自動車用安全システムのタカタ、佐賀県の製造所敷地内にメガソーラー設置

自動車用安全システムのタカタ、佐賀県の製造所敷地内にメガソーラー設置

記事を保存
自動車用安全システムのタカタ、佐賀県の製造所敷地内にメガソーラー設置

タカタ九州(佐賀県)は、同社有田製造所の敷地4万2,000平方メートルに太陽光発電パネルを設置し、九州電力への売電事業を開始した。発電規模は2MW、年間推定発電量は210万kWh(200万平方メートルの森林が吸収するCO2削減量、一般家庭約600世帯の年間消費電気量に相当)。佐賀県内での単一事業者としては最大規模となる。

タカタ九州は、シートベルト、エアバッグ、チャイルドシートなどの自動車用安全システムを提供する専門メーカー タカタ(東京都)のグループ会社。タカタは、これまでも省エネや節電対策に積極的に取り組んできた。

今回の太陽光発電パネル設置は、自然エネルギーを活用した電力供給、CO2削減の取り組みの一環。電力供給やピーク電力の需要抑制に配慮した生産体制を整備することで、夏期の電力需給不足に対応する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.