> > パナソニック、家電に含まれる鉄をリサイクルする新スキーム開始

パナソニック、家電に含まれる鉄をリサイクルする新スキーム開始

 印刷 記事を保存

パナソニックは、東京製鐵(東京都千代田区)と共同で、使用済み家電製品から発生する鉄スクラップをリサイクルし、再び同社グループの製品材料の鋼板として使用する鋼板の資源循環取引スキームを開始したと発表した。

本スキームにより、資源の有効利用を実現するとともに、鉄スクラップを原料とする高品質な電炉鋼板を価格・納入面で安定的に調達する。

具体的には、本スキームでは、同社の家電リサイクル工場の使用済み家電製品から回収した鉄スクラップを東京製鐵に納入、そして製造された電炉鋼板を安定的な価格で購入し、再び製品へ使用する。同社によると、電機業界で初めて開始する資源循環取引スキームになるという。

(※全文:973文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.