> > パナソニック、家電に含まれる鉄をリサイクルする新スキーム開始

パナソニック、家電に含まれる鉄をリサイクルする新スキーム開始

記事を保存

パナソニックは、東京製鐵(東京都千代田区)と共同で、使用済み家電製品から発生する鉄スクラップをリサイクルし、再び同社グループの製品材料の鋼板として使用する鋼板の資源循環取引スキームを開始したと発表した。

本スキームにより、資源の有効利用を実現するとともに、鉄スクラップを原料とする高品質な電炉鋼板を価格・納入面で安定的に調達する。

具体的には、本スキームでは、同社の家電リサイクル工場の使用済み家電製品から回収した鉄スクラップを東京製鐵に納入、そして製造された電炉鋼板を安定的な価格で購入し、再び製品へ使用する。同社によると、電機業界で初めて開始する資源循環取引スキームになるという。

第一弾として、同社グループ傘下の家電リサイクル工場であるパナソニックエコテクノロジーセンター(兵庫県加東市、以下PETEC)で回収・処理された家電製品由来の鉄スクラップを、東京製鐵の岡山工場(岡山県倉敷市)に納入し、同工場で電炉鋼板に加工後、パナホームが調達、建築用鋼板(天井材)として7月から使用を始めた。

このスキームではPETECから出荷する鉄スクラップ価格および東京製鐵から調達する電炉鋼材の購入価格を両社で協議した支給スクラップの変動ルールに基づいて取り決めることで調達コスト面でも貢献できるものとした。

パナソニックは限りある資源を有効利用していくために「できるだけ少ない資源で商品を作る。使う資源は再生資源を増やす」循環型モノづくりをすすめてきた。東京製鐵は、国内4カ所に工場を配置して、鉄スクラップを鉄鋼製品にリサイクルしている電炉メーカー。鉄資源においては鉄スクラップを原料とする電炉鋼板を、さらに活用していくことがますます重要になっている。また、価格・納入面での安定調達が課題となっている。

このため、パナソニックは東京製鐵と共同で、利用にあたって製品で求められる品質性能を確保するため、電炉鋼板の薄肉化、皮膜耐食性向上、プレス加工性の向上など材料を開発し、洗濯機、照明器具、実装機、溶接機などに採用してきた。今回、こうした実績を踏まえ、本スキームを共同で始めることとなった。

パナソニックは今後も高品位の鉄スクラップを安定的に東京製鐵に供給すると同時に、資源の有効利用と調達価格の安定化の見地から、同社グループにおける本スキームの適用について、拡大を図っていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.