> > 都市再開発アセスの新ガイドライン利用モデル事業 南相馬市など4件を採択

都市再開発アセスの新ガイドライン利用モデル事業 南相馬市など4件を採択

記事を保存

環境省は、「平成25年度住民参加による低炭素都市形成計画策定モデル事業(アセスガイドライン利用ケース)」の公募を行い、大手町、丸の内及び有楽町地区、仙台市田子西地区、福島県南相馬市、福岡天神地区における4件のまちづくり事業を採択したと発表した。

本事業では、全国各地で実施されている都市再開発の機会を捉えて、より効果的なCO2排出量の削減及び住民の多様なニーズを反映した都市・地域の低炭素化を図るための計画策定の検討を行う開発事業者等に対して支援を行い、都市・地域の低炭素化等に関するモデル的な取り組みを推進することを目的としている。

公募の対象となるモデル事業は、民間事業者等が実施する都市再開発事業について、CO2削減をはじめとする環境配慮事項に係る目標の設定、環境影響の予測・評価及び環境保全措置の検討をもとにして行う目標達成に向けた具体的取り組み、実施体制等の検討並びにこれらの実施に伴う住民等の広範な関係者の参画を行うモデル的な取り組みを対象とした。公募に対して4件の応募があり、CO2削減効果、実現可能性及び先進性等の観点から審査を行った結果、4件の採択を行うこととした。

今回、採択された事業は以下の4件。

■大丸有地区の環境共生型まちづくりの取り組み事業

提案者:三菱地所設計ほか

提案概要:

  • 大手町、丸の内及び有楽町地区における環境配慮の充実
  • 大手町、丸の内及び有楽町地区において実施してきた環境配慮をアセスガイドラインに照らして体系化及び再構築
  • アセスガイドラインの改善点提案
  • CO2削減のための既存取り組みの整理と、より適切な目標設定のあり方検討 等

■仙台市エコタウンプロジェクト田子西地区における
低炭素型都市形成計画策定事業

提案者:国際航業株式会社

提案概要:

  • 仙台市田子西地区における震災復興計画に基づくエコモデルタウン具現化のための事業
  • 地区全体での太陽光発電設備及びHEMS設置の新たな導入スキームの構築
  • CO2削減量の予測・事前評価の実施・住民、移転対象者等を対象とした勉強会や検討会の設置、アンケート調査 等

■福島県南相馬市における先導的復興モデル地区における
低炭素型都市形成計画策定事業

提案者:奥野翔建築研究所 ほか

提案概要:

  • 南相馬市再生可能エネルギー推進ビジョンに基づく、防災集団移転地小川町地区における再生可能エネルギーを活用したまちづくりに係る事業
  • CO2排出量削減計画の検討
  • 太陽光発電システム、HEMS導入促進のための勉強会等の開催、ワークショップの開催
  • 生物多様性に配慮した地域緑地計画の検討 等

■福岡天神地区におけるエリアマネジメントを活用した
低炭素都市形成計画策定モデル事業

提案者:We Love 天神協議会

提案概要:

  • 福岡市天神地区における低炭素都市形成の具体化計画及び施策の検討
  • 地区内エネルギーマネジメントの検討
  • CO2削減率10%を目標とした歩行環境の改善・公共交通利用促進等の交通施策の検討
  • 緑の再整備やヒートアイランド現象緩和施策の検討
  • シンポジウムやフォーラムの開催

日本のCO2排出量は、人々の生活に関わりの深い家庭部門、業務部門及び運輸部門における排出量が全体の約5割を占めており、都市や地域の低炭素化の促進が求められている。また、都市・地域構造の転換は、地域社会の大きな変化を伴うため、低炭素化対策のみならず地域社会の多様なニーズを反映させることが求められている。

【参考】
環境省 - 平成25年度住民参加による低炭素都市形成計画策定モデル事業(アセスガイドライン利用ケース)の採択について(お知らせ)
環境省 - 住民参加による低炭素都市形成計画策定モデル事業の公募開始について(お知らせ)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.