> > 都市再開発アセスの新ガイドライン利用モデル事業 南相馬市など4件を採択

都市再開発アセスの新ガイドライン利用モデル事業 南相馬市など4件を採択

 印刷 記事を保存

環境省は、「平成25年度住民参加による低炭素都市形成計画策定モデル事業(アセスガイドライン利用ケース)」の公募を行い、大手町、丸の内及び有楽町地区、仙台市田子西地区、福島県南相馬市、福岡天神地区における4件のまちづくり事業を採択したと発表した。

本事業では、全国各地で実施されている都市再開発の機会を捉えて、より効果的なCO2排出量の削減及び住民の多様なニーズを反映した都市・地域の低炭素化を図るための計画策定の検討を行う開発事業者等に対して支援を行い、都市・地域の低炭素化等に関するモデル的な取り組みを推進することを目的としている。

(※全文:1385文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.