> > 佐川急便、WWFとの協力でCO2削減6%の目標達成 コストは18億円削減

佐川急便、WWFとの協力でCO2削減6%の目標達成 コストは18億円削減

記事を保存
佐川急便、WWFとの協力でCO2削減6%の目標達成 コストは18億円削減

SGホールディングスグループの佐川急便とWWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)は、佐川急便が2003年5月から参加しているWWFのクライメート・セイバーズ・プログラムで掲げた、「2012年度までにCO2総排出量を2002年度比で6%削減する」という目標を達成したと発表した。

WWFのクライメート・セイバーズ・プログラムは、WWFと、先進的な環境対策を進めている世界の企業が協働して、温室効果ガスを原単位ではなく、絶対量で削減を目指すプログラム。佐川急便は、このプログラムに調印し、CO2排出量削減に向けてWWFとの協働を開始。日本企業として第一号、物流企業として世界で唯一の参加企業として取り組みを行ってきた。

佐川急便の2012年度の排出量は、基準年比9.29%減(33.26万t)となり、目標である6%を大きく上回った。2003年度以降2012年度までに佐川急便が削減したCO2排出量は累積で17.04万tにのぼる。これは乗用車約7万5千台が年間で排出するCO2に相当する削減量となる。

佐川急便のCO2総排出量推移
(※クリックすると拡大)

佐川急便ではCO2排出量の少ない「天然ガストラック」の大量導入、モーダルシフトの推進、エコ安全ドライブによる燃料消費の抑制、車両を使用せずに台車や三輪車などの人力による集荷・配達を行う「サービスセンター」の導入など、積極的にCO2削減の取り組みを進めている。また、取り組みの過程で天然ガス車への補助が見直されるなど大きな逆風もあったが、断念することなくさまざまな代替策を追求してきた。その結果、今回、目標を達成することができた。

両者は、2002年度と2012年度を比較した場合の佐川急便が削減した燃料費、電気料金の合計は約18.33億円にのぼり、社会への価値(CO2排出量削減)と企業の価値(経費削減)とを両立させる、CSV(Creating Shared Value)を実現した良い事例であると説明する。

クライメート・セイバーズ・プログラムでの取り組みは完了となるが、佐川急便では顧客ニーズへの対応を目的に、効率的かつ環境負荷の少ない輸送モードの開発をこれからも行っていくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.