> > JOGMEC、日本周辺海域の資源探査体制を強化 産総研とタスクフォースを設置

JOGMEC、日本周辺海域の資源探査体制を強化 産総研とタスクフォースを設置

記事を保存
JOGMEC、日本周辺海域の資源探査体制を強化 産総研とタスクフォースを設置

JOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)は、日本周辺海域に分布する海底鉱物資源の権益を確実に保全するため、産業技術総合研究所(AIST)と協同で有望海域を絞り込み探査候補地を特定する「資源探査タスクフォース」を新たに設置したと発表した。

9月下旬頃を目途に有望海域を絞り込み、探査候補地の特定を目指す。長期的には特定した探査候補地での探査計画などの検討も行っていく予定。

海底鉱物資源で資源量の推定に至っている鉱床は、沖縄周辺等の一部の海底熱水鉱床に限られているが、他海域でも効率よく有望海域を絞り込み探査候補地を特定することにより、資源量把握の段階に至る新鉱床の存在が期待される。

資源探査タスクフォースでは、日本周辺海域の海底熱水鉱床、コバルトリッチクラスト、マンガン団塊、レアアース泥等の海底鉱物資源に係る地質構造・海底地質、地形解析、物理探査データおよび鉱床成因場の解明を行い、資源ポテンシャル評価の総合的な解析を展開する。

第1回会議は8月2日(金)にJOGMEC本部で開催され、予察的に期待した複数海域について、双方の技術者・研究者が具体的な取り組み方針等の議論を行った。今後は、双方が過年度に蓄積した探査・研究手法や豊富なデータを基に総合的な解析を行い、関係機関や有識者とも連携の上、有望海域を絞り込み、探査候補地の特定を行っていく。

20130808kb004.jpg

資源探査タスクフォースの推進体制

【参考】
JOGMEC - 日本周辺海域の資源探査体制強化で産総研と協同で総合的な解析を展開

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.