> > パナソニック、業界初、寒冷地などマイナス40℃に対応するニカド電池を開発

パナソニック、業界初、寒冷地などマイナス40℃に対応するニカド電池を開発

記事を保存
パナソニック、業界初、寒冷地などマイナス40℃に対応するニカド電池を開発

パナソニックは、寒冷地や冷凍倉庫内などの電源としてくり返し使える充電池として、業界で初めてマイナス40℃の低温下でも充電・放電が可能なニカド電池「カドニカ GTシリーズ」を開発し8月よりサンプル出荷を行い、2014年度から量産を開始すると発表した。本製品は低温環境はもちろん、常温でも60℃の高温環境でも対応できる仕様となっている。

今回、同社は「電解液マネジメント技術」と「高性能負極板」を新たに採用することで、従来のニカド電池の対応温度(充電:0℃、放電:マイナス20℃)を大幅に上回るマイナス40℃の低温環境でも充電・放電が可能とした。

具体的には、「高性能負極板」では、活物質を微細化することで反応性を改善し、低温特性を約50%向上させた。さらに、これまで培ってきた「正極板焼結技術」(金属ニッケル粉末を高温で焼成し、多孔質で強固なニッケル基材を作製する技術)により、強度に優れた正極板構造を実現し、活物質の膨張を抑制するとともに、「電解液マネジメント技術」により電解液の濃度を最適化することで、電解液凍結抑制に成功し、低温下での充電・放電を実現した。

寒冷地の交通・防災・情報通信機器のバックアップ電源、冷凍倉庫の誘導灯や非常灯など、低温環境の様々な用途で使用が可能で、従来の2次電池に比べ保温用ヒーターなどがいらず搭載システムの簡略化・低コスト化、設置場所の拡大を実現する。

近年、インフラ整備や災害リスクへの対応から、信号機、通信基地局、サーバーなどのバックアップ電源、冷凍倉庫内の非常照明および、太陽電池を用いた街路灯、蓄電システムなどの独立電源システムへの関心が高まっている。一方で、世界には北海道、米国北部、ロシア、カナダ、北欧など冬季気温がマイナス20℃以下になる地域が多くあるが、従来の2次電池ではその温度下で安定的に使用することが難しかった。また、電池の温度を保つための専用ヒーターを搭載する場合もあるが、機器が大掛かりとなりコストがかかるという課題もあった。

同社が今回発売するのは、SCサイズ(22.9mm×43.0mm、代表容量1,500mAh)、Cサイズ(26.0mm×50.0mm、代表容量2,500mAh)、Dサイズ(33.2mm×59.5mm、代表容量4,000mAh)の3タイプ。月産数量は3タイプ合計で100万個。5Fサイズについても順次発売予定。

同社では、1964年にニカド電池(愛称:カドニカ)の量産を開始して以来、50年にわたりグローバルに事業を展開している。同社製ニカド電池は、大電流放電、過充電・過放電特性などの優れた特長を持ち、大電流を必要とする電動工具や長期信頼性が求められる非常用照明などの電源として強みを持つ。同社独自の正極板焼結技術など長年にわたり培った技術・ノウハウは、ニッケルを正極材料とする車載用ニッケル水素電池にも応用されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.