> > パナソニック、業界初、寒冷地などマイナス40℃に対応するニカド電池を開発

パナソニック、業界初、寒冷地などマイナス40℃に対応するニカド電池を開発

 印刷 記事を保存

パナソニックは、寒冷地や冷凍倉庫内などの電源としてくり返し使える充電池として、業界で初めてマイナス40℃の低温下でも充電・放電が可能なニカド電池「カドニカ GTシリーズ」を開発し8月よりサンプル出荷を行い、2014年度から量産を開始すると発表した。本製品は低温環境はもちろん、常温でも60℃の高温環境でも対応できる仕様となっている。

"

(※全文:1,195文字 画像:あり 参考リンク:なし)

"
  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.