> > 丸亀製麺、時間が経ってしまった廃棄麺のリサイクル開始 豚の飼料に

丸亀製麺、時間が経ってしまった廃棄麺のリサイクル開始 豚の飼料に

 印刷 記事を保存

トリドール(兵庫県神戸市)は、主力業態として運営する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」の店舗で発生した、茹で上がりから時間が経過した廃棄麺を養豚農家で飼料として再活用してもらう、食品リサイクルの取り組みを開始したと発表した。

今回の取り組みでは、鹿児島県の養豚農家に協力してもらうことで実現した。今後も、同社の食品リサイクルに関する取り組みに賛同してくれる農家を探し、活動を広げていく予定。

(※全文:655文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.