環境省、リサイクル資源活用で事業者間の連携を促進 実証プランの募集開始

  • 印刷
  • 共有

環境省は、平成25年度も、各種リサイクル施設が集積している地域において、排出者や再生資源利用者(動脈産業)との新たな連携等により、既存施設や基盤の能力を最大限活用するためのモデル的な実証事業を実施する。本事業における実証プランの募集を開始した。

本事業は「エコタウン高度化事業(既存静脈施設集積地域の高効率活用モデル事業)」。応募要件は、循環資源(廃棄物等)の調達や再生資源の供給先の確保が困難であるなどの問題に直面しているエコタウン等の静脈施設が集積した地域の都道府県又は市区町村。環境省のエコタウンプランの承認を得ているか否かは問わない。応募期限は8月29日(木)17時まで。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報