> > 環境省、「J-クレジット制度」の全国説明会を開催 申請受付も開始

環境省、「J-クレジット制度」の全国説明会を開催 申請受付も開始

記事を保存

環境省は、経済産業省及び農林水産省とともに、平成25年4月から運営を開始した「J-クレジット制度」に関する説明会を、全国8カ所で開催する。また、本制度事務局の体制が整ったことから、8月6日よりプロジェクト登録等の申請受付も開始した。

本説明会では、J-クレジット制度の内容をはじめ、オフセット・クレジット(J-VER)制度及び国内クレジット制度からの移行措置等についても説明する。また、J-クレジットの創出に係る事業者支援事業についてもその内容を説明するとともに、J-クレジット制度への参加を検討している事業者に対する個別相談会も実施する。

説明会は、9月2日に札幌、9月3日に仙台、9月9日に東京、9月13日に新潟、9月17日に名古屋、9月18日に大阪、9月25日に岡山、9月26日に福岡で開催する。説明会への参加は事前登録制で、申込みは先着順で受け付ける。参加を希望する場合は、申込ウェブサイト(http://www.murc.jp/j-credit/seminer/2013/apply.html)から登録する。

また、三省は、プロジェクト計画書の審査や作成支援等を行う支援事業者を、みずほ情報総研と三菱総合研究所に決定し、制度事務局を設置。本制度におけるプロジェクトの登録・クレジット認証と、制度全般についての問合せ及び申請窓口を公表した。

J-VER制度及び国内クレジット制度に引き続き、J-クレジット制度においてもプロジェクト計画書の作成等の支援事業(ソフト支援事業)を実施する予定。また、審査費用の支援については制度事務局にて行う。支援事業の詳細は、近日中に改めて通知するとしている。

J-クレジット制度は、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取り組みによる、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度。J-VER制度及び国内クレジット制度を統合した、温室効果ガスの排出削減及び吸収源対策の推進を目的とした新しい制度としてスタートした。

本制度では、これまでJ-VER制度及び国内クレジット制度で対象とならなかった自主行動計画に参加している中小企業等の温室効果ガスの排出削減量等についても「クレジット」として認証することが可能となる。また、本制度により創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、様々な用途に活用することできる。

【参考】
新国内クレジット制度、本格始動へ 各種規程まとまる(2013/4/22)
電気自動車・太陽光発電導入など、新国内クレジット制度の条件等発表(2013/5/13)
環境省 - 「J-クレジット制度全国説明会」の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.