> > 東京都、スーパーのお寿司などでリユース容器の使用実験 ゴミ削減の効果測定

東京都、スーパーのお寿司などでリユース容器の使用実験 ゴミ削減の効果測定

記事を保存
東京都、スーパーのお寿司などでリユース容器の使用実験 ゴミ削減の効果測定

東京都は、リユース容器の使用促進による容器包装廃棄物の削減に向けた実証実験を開始する。本実証実験では、リユース容器や持参した容器を使用して食品を販売することで、環境負荷の低減、容器包装廃棄物の減量効果などを検証する。

具体的には、リユース容器を使用した食品販売は、8月27日(火)から9月26日(木)まで、スーパーマーケットのエコス小平店(小平市)において実施する。

本取り組みでは、通常は使い捨て容器で販売している、握り寿司、丼もの等をリユース容器で販売し、使用済み容器はイートインコーナーで返却できるようにする。持ち帰りの場合は、次回以降の来店時に店頭の返却BOXで回収する。

家庭から持参した容器による食品販売は、9月13日(金)から15日(日)まで、新宿区原町一丁目町会夏まつり会場(新宿区)のイベント会場にて行う。

効果測定として、下記の実施を予定している。

  1. リユース容器使用のLCA(ライフサイクルアセスメント)分析
  2. 容器包装廃棄物の減量効果、小売業者の作業負担やコストの増減などを測定
  3. リユース容器を使用した食品販売に対する消費者の意識を調査

東京都では、本実証実験を実施する背景について以下のように説明している。家庭から排出されるごみのうち、容積比でおよそ6割を容器包装廃棄物が占めている。製造事業者や流通業界では、容器包装の減量化に向けた取り組みは進んできているものの、未だ流通段階では、使い捨て容器が多く使用されて容器包装廃棄物が発生しており、リユース容器への転換は容器包装廃棄物発生抑制の有効策となる。

【参考】
東京都 - リユース容器の使用促進による容器包装廃棄物の削減に向けた実証実験を行います

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.