> > 静岡県に10万kWの石炭火力発電 日本製紙・三菱商事・中部電力が合弁で

静岡県に10万kWの石炭火力発電 日本製紙・三菱商事・中部電力が合弁で

記事を保存

日本製紙は、三菱商事、中部電力と、10万kW級の石炭火力発電設備を建設・運営する発電事業会社を設立することで合意し、合弁契約を締結した。新会社は、日本製紙富士工場鈴川(静岡県富士市)の敷地内に、発電設備を建設する。

日本製紙が発電設備の運転と保守を行い、ダイヤモンドパワー(PPS/特定規模電気事業者)に電力を販売する。事業開始は平成28年5月を予定。

新会社は、今年9月中旬に設立され、発電設備の運転・維持・管理および電力の卸供給販売を行う。出資比率は、日本製紙20%、三菱商事70%、中部電力10%。

日本製紙は、全国にある工場の自家発電設備や用地、長年培ってきた操業技術を有効に活用し、エネルギー事業の拡大に力を入れている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.