> > 東京都、官民連携インフラファンドを通じ、太陽光発電6案件に出資

東京都、官民連携インフラファンドを通じ、太陽光発電6案件に出資

記事を保存

東京都は、都が進めている官民連携インフラファンド事業において、スパークス・アセット・マネジメント及びIDIインフラストラクチャーズが運営するファンド(投資事業有限責任組合)が新しく投融資した6案件を発表した。

スパークス・アセット・マネジメントによる「スパークス・官民連携グリーンエナジー投資事業有限責任組合」の案件は、神奈川県中井、群馬県嬬恋、秋田県、佐賀県、北海道釧路のメガソーラー5件。IDIインフラストラクチャーズによる「IDIインフラストラクチャーズ2号投資事業有限責任組合」の案件は、鹿児島県白銀坂(しらかねざか)のメガソーラー1件。

投融資先についての詳細は以下の通り。

【1】スパークス・官民連携グリーンエナジー投資事業有限責任組合

■メガソーラー発電プロジェクト(佐賀県)

運営会社:SGET佐賀メガソーラー
 出力:約1,800kW
 総事業費:約7億円
 運転開始:平成25年10月(予定)

■メガソーラー発電プロジェクト(秋田県)

運営会社:SGET秋田メガソーラー
 出力:約2,600kW
 総事業費:約9億円
 運転開始:平成25年12月(予定)

■メガソーラー発電プロジェクト(群馬県)

運営会社:SGET嬬恋メガソーラー
 出力:約2,200kW
 総事業費:約9億円
 運転開始:平成26年1月(予定)

■メガソーラー発電プロジェクト(神奈川県)

運営会社:SGET中井メガソーラー
 出力:約9,800kW
 総事業費:約39億円
 運転開始:平成27年4月(予定)

■メガソーラー発電プロジェクト(北海道)

運営会社:SGET釧路メガソーラー
 出力:約21,700kW
 総事業費:約80億円
 運転開始:平成27年6月(予定)

【2】IDIインフラストラクチャーズ2号投資事業有限責任組合

■メガソーラー発電所プロジェクト(鹿児島県)

運営会社:白銀坂メガソーラー
 出力:約8,000kW
 総事業費:約25億円
 運転開始:平成26年8月(予定)

なお、同ファンドは、都が社会資本整備における長期的かつ安定的な資金循環システムの構築と電力の安定供給に資するため、日本初の官民連携インフラファンドとして設立したもの。同事業により、年間約10億kWh(一般家庭約27万世帯相当)の電力創出が期待されている。

運営事業者は公募され、スパークス・アセット・マネジメント、IDIインフラストラクチャーズが選ばれた。これまでに、新中袖発電所・中袖クリーンパワー(千葉県)のガスタービンコンバインドサイクル発電、新潟ニューエナジー(新潟県)のガスエンジン発電、SGET芦北メガソーラー(熊本県)に投融資されている。

【参考】
東京都、官民連携インフラファンドを通じ熊本のメガソーラーに出資(2013/02/04)
東京都 - 官民連携インフラファンド運営事業者を決定しました
東京都 - 官民連携インフラファンド(スパークス・グリーンインフラ・ファンド)から第1号案件に投資しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.