> > 環境省、「カーボン・オフセット」、「J-クレジット制度」の講師を無料で派遣

環境省、「カーボン・オフセット」、「J-クレジット制度」の講師を無料で派遣

記事を保存

環境省では、「カーボン・オフセット制度」と「J-クレジット制度(※旧J-VER制度、旧国内クレジット制度)」に関する講師の無料派遣を平成25年8月27日より行っている。

対象となるのは、原則として平成26年1月までにカーボン・オフセットやJ-クレジット制度の活用を通じて、温暖化対策の推進や地域活性化等の事業を行う(行おうとする)地方自治体及び公益団体。10件ほどの支援を予定している。

具体的には、下記のようなテーマの講習会に向けて、講師を派遣する。なお、複数のテーマを組み合わせて開催することや、初級者向け、中級者向け、地方自治体独自の制度担当者向けの実務研修など、参加者のレベルにあわせて内容のアレンジも可能。

テーマの例

  1. カーボン・オフセットの取組を行うに当たっての基礎・基本に関する詳細説明。
  2. カーボン・オフセット市場の最新動向(クレジットの価格動向や活用事例の紹介)。
  3. J-クレジット制度の概要と地球温暖化対策や地域活性化施策としての意義・効果に関する説明。
  4. J-クレジット制度に登録されている方法論等の詳細説明。
  5. プロジェクト計画書の書き方講座(申請手続、モニタリング方法等)の詳細説明。
  6. 妥当性確認(バリデーション)、モニタリング、検証(ベリフィケーション)に係る詳細説明。
  7. 新規方法論の提案に関する相談。
  8. J-クレジット売り方講座(地域のJ-クレジット創出事業者に対する相談会・勉強会)。
  9. 地域におけるカーボン・オフセット推進方策(協議会設立など)。
  10. カーボン・オフセットのい・ろ・は(主に小学校高学年を対象とした環境教育)。
  11. 地球温暖化とカーボン・オフセット(主に中学生・高校生を対象とした環境教育)。

上記以外のテーマでも、可能な範囲で対応するとしている。応募方法は、所定の書類にてメール又は郵送でおこなう。その他応募に関する詳細は下記の通り。

  • 申込は地方自治体及び公益団体のみ。地方自治体については基本的に市町村単位での受付となるが、希望者多数の場合は複数の市町村合同又は都道府県単位での開催を依頼する場合がある。
  • 団体の規模についての制限はなく、少人数の勉強会やワークショップへの講師派遣も可能。
  • 会場設営、開催案内等の企画運営経費は申込者の負担となるが、講師派遣の交通費・謝金等は不要。

本事業の支援機関は、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、カーボン・オフセットフォーラム(社団法人海外環境協力センター内)。

【参考】
環境省 - 平成25年度カーボン・オフセット及びJ-クレジット制度に関する講師派遣支援の実施について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.