> > 日本TI、消費電力を最大80%削減するシステム・タイマ 人感知センサなどに対応

日本TI、消費電力を最大80%削減するシステム・タイマ 人感知センサなどに対応

 印刷 記事を保存

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、待機時消費電力を大幅に低減し、電池駆動システムとエネルギー・ハーベスト・システムの電池使用時間を延長することができるプログラマブル・システム・タイマの2新製品を発表した。

新製品のウォッチドッグ・タイマ内蔵「TPL5000」とMOSドライバ内蔵「TPL5100」は消費電流がわずか30nAで、競合製品と比較し、消費電流を90%削減する。また、新製品はマイコン内部タイマを不要にし、マイコンを低消費電力スリープ・モードで保持する。これにより、既存製品と比較し、待機時消費電力を最大80%削減することができる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.