> > 神戸製鋼、福島県で放射性物質を含んだ下水汚泥焼却の実証事業

神戸製鋼、福島県で放射性物質を含んだ下水汚泥焼却の実証事業

 印刷 記事を保存

神戸製鋼所は、福島県の下水汚泥処理施設において、長期保管された放射性物質を含有する下水汚泥焼却の実証事業を9月から開始する。このたび焼却設備の建設が完了した。焼却実証事業の期間は2013年度末までの約7カ月間を予定している。

本実証事業は、同社が環境省より「長期保管された放射性物質含有下水汚泥の焼却実証実験に係る調査業務」を受託し、神鋼環境ソリューション、地方共同法人日本下水道事業団、三菱総合研究所と共に実施するもの。8月30日現地にて下水汚泥仮設焼却施設の落成式を開催した。

(※全文:821文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.