> > 大林組、道路除染トラックに藻類による処理装置を搭載 作業時間1/10に

大林組、道路除染トラックに藻類による処理装置を搭載 作業時間1/10に

記事を保存
大林組、道路除染トラックに藻類による処理装置を搭載 作業時間1/10に

大林組は、アスファルトおよびコンクリート面の除染に効果的なサイクロンシステムに、業界で初めて新種微細藻類による水処理設備を搭載した道路除染システム「バイノスRDⅡ工法」を共同開発したと発表した。

本システムは、既存のサイクロンシステムにパッケージ化し、同一車両への車載型にすることで、処理水を洗浄水に再利用可能なまでに車上で連続的に浄化できるため、給排水による除染作業を中断することなく、作業時間の大幅な短縮を実現する。

洗浄水循環システム概要

洗浄水循環システム概要

今回、除染作業の実績とノウハウを有する大林組は、放射性物質を吸着する新規微細藻類「バイノス」を有するバイノス社(千葉県柏市)、サイクロンシステムを持つニルフィスクアドバンス社(神奈川県横浜市)に技術指導を行うとともに、共同で実証実験を行いアスファルト舗装道路の効果的な除染システム「バイノスRDⅡ工法」を開発した。

「バイノスRDⅡ工法」のシステムは、福島県郡山市の除染作業で承認のもと、アスファルト面の除染作業で実績がある。3社は福島県郡山市を中心に「バイノスRDⅡ工法」による新型道路除染車両を現在2台稼働させているが、9月中に12台を稼働させ年内にすべてのシステムを新システムに改造する。

郡山市内の駐車場での除染作業風景

郡山市内の駐車場での除染作業風景

道路などの除染に用いるニルフィスクアドバンスの除染車両(搭乗式高圧洗浄機)のサイクロンシステムは、1時間当たり約1,000平方メートルの高い除染効率が確認できている。しかし、除染作業後に回収水の排出、洗浄水の給水などに除染と同じぐらいの時間を要するため、トータルでは作業効率は2分の1に減少するという課題があった。

「バイノスRDⅡ工法」のシステムでは、郡山市の除染作業での除染効果は表面の汚染度合いで約80%、高さ1mの空間線量率で約50%の低減率を確認した。また、駐車場面積が約400平方メートルの除染作業を30分以内で終了した。1日当たり300平方メートルの施工スピードである従来の高圧洗浄と比較すれば作業時間を10分の1以上に短縮が可能。

また、「バイノス」を用いた汚染水中の放射性物質の除去は数多くの実績がある。郡山市の除染では「バイノス」を主成分としたバイノスフロックで除染後の回収水を処理した結果、被処理水の放射性Cs(セシウム)は134、137共に2Bq/L未満(放流基準:Cs134,137混合の場合で60~90Bq/L、飲料水基準:10Bq/L)まで浄化された。

今回、新型道路除染車両に搭載するため、「バイノス」の乾燥粉末を主成分とした吸着沈殿剤であるバイノスフロックをストロー状に加工して利用する水処理設備を共同開発した。回収水を処理・再利用することで省資源化が図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.