> > CO2回収・CCS関連技術、国内特許総合力トップは三菱重工

CO2回収・CCS関連技術、国内特許総合力トップは三菱重工

 印刷 記事を保存

特許分析サービスを手がけるパテント・リザルトは、日本に出願されたCO2回収・貯留(CCS)関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査した結果を公表した。

その結果、「総合力ランキング」では、1位は三菱重工業、2位はスイスの重電メーカーALSTOM TECHNOLOGY、3位は関西電力となった。4位はドイツに本社を置く化学会社BASF、5位は東芝。

火力発電所や工場などでは化石燃料の使用により、地球温暖化の主な原因とされるCO2をはじめとする温室効果ガスが大量に排出されている。CCSは、このような施設から排出されるCO2を効率よく回収し、貯蔵する技術。本調査ではCCS関連技術の特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行った。

(※全文:1,109文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.