> > NECがデータセンターの冷却技術を新開発 空調電力を最大50%減

NECがデータセンターの冷却技術を新開発 空調電力を最大50%減

記事を保存
NECがデータセンターの冷却技術を新開発 空調電力を最大50%減

NECは、データセンター等に設置されるラックに搭載されたICT機器の排熱を効率よく取り除く「多段式高効率冷却技術」を開発した。本技術をデータセンターに適用することで、データセンターの空調電力を最大50%削減することが可能となる。

「多段式高効率冷却技術」は、NECが従来から開発してきたICT機器内に搭載して効率的な冷却を実現する相変化冷却技術を、複数のICT機器を搭載するラックに応用したもの。

相変化冷却技術とは、冷媒が液体から気体に変化する際に熱エネルギーが移動する性質を利用して冷却する技術であり、エネルギー変化量が大きく高効率な冷却を行うことができる。

新技術により、機器から排出される熱を、拡散する前に回収するとともに、直接屋外へ輸送できるため、サーバルーム内の空調負荷を大幅に削減できる。ラック当たり12kWの消費電力の場合、送風電力と冷凍機電力を合計した空調電力を最大50%削減することが可能。今回、NECの施設で実験した結果、10台のサーバを搭載したラック背面から発せられる熱量のうち、約50%を屋外へ熱輸送することを実証した。

サーバの熱を屋外に輸送して放熱することで、空調機が冷却すべき発熱量を削減する

サーバの熱を屋外に輸送して放熱することで、空調機が冷却すべき発熱量を削減する

また、本技術により、空調負荷を増大させずに、ラックへ実装するICT機器を大幅に増やすことが可能になる。これにより、フロア面積はそのままで、データセンターの処理能力を大幅に向上することができ、省スペースなデータセンター運用につながる。

このたび開発した技術の具体的な特長は、以下の通り。

  1. 受熱部の多段配置により、機器の排熱を漏らさず回収
    ラックの最上段から最下段まで、ICT機器が発する排気熱を効率よく吸収して冷媒を気体に変える、多段式の吸熱技術を新規に開発。サーバラック背面に配置した受熱部を多段化することにより、ラックに設置されたそれぞれの機器の排熱量に応じた冷却を実現。
  2. 多段式に適した冷媒の分配・循環により、低コストと高信頼性を確保
    多段化されたラックの各段の吸熱部に、発熱量に応じて冷媒を分配し、効率よく循環させる技術を新規に開発。独自の流路設計により、自然循環のみで各段への適正な冷媒供給を実現し、低コストと高信頼性を確保。
  3. 低環境負荷の冷媒を採用
    オゾン化破壊係数(ODP)が0で、地球温暖化係数(GWP)が従来品(HFC)の1/2以下の環境にやさしい冷媒を採用。高効率な冷却と低環境負荷を両立。

NECは、「環境経営行動計画」に基づき、低炭素社会の実現に向けて、製品のエネルギー効率の改善や、業界で初めて40℃の環境でも動作を保証するサーバ等の耐環境機器の製品化・ラインアップの拡充など、業界で先駆けた省エネへの取り組みを進めている。なお、このたび開発した冷却技術は、平成20年度から24年度にNECが参画した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンネットワーク・システム技術研究開発プロジェクト」の研究成果の一部を活用している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.