> > 埼玉県の新病院、LED・太陽光発電など導入でライフラインが停止しても3日間は稼働可能に

埼玉県の新病院、LED・太陽光発電など導入でライフラインが停止しても3日間は稼働可能に

記事を保存

埼玉県は、2011年より足立郡伊奈町で建設を進めていた、がんセンター新病院の本館建物が完成したと発表した。新病院は、地上11階地下1階建、延床面積61,938平方メートルで、現在のがんセンターの約1.3倍の広さ。

東日本大震災を教訓に災害・省エネ対策を強化し、ライフラインが止まっても3日間医療が継続できるのが特長。省エネ対策では、新病院単体にとどまらず、隣接する職員公舎や精神医療センターなどと熱と電気を融通し合うエネルギーネットワークを構築し、エリア全体の省エネ化を図り、現病院と比較して面積当たり約40%の省エネを実現した。12月30日にオープンし、来年1月6日より外来診療を開始する。

災害・省エネ対策について、具体的には、非常用発電機を2台、飲料用の井戸水浄化設備を設置することにより、災害後3日間自立できる病院となった。また、LED照明・遮熱ガラスの採用、太陽光発電コジェネシステムの導入、がんセンター新病院を核としたエネルギーネットワークの構築なども行った。

新病院は、「高度先進がん医療を実践する病院」「日本一患者と家族にやさしい病院」を目指して建設。がんの診断と3大治療である手術・放射線治療・化学療法を実施するための施設・設備を充実させるとともに、明るく開放的な空間づくりを行い、心のケアにも配慮した施設整備を行った。

【参考】
埼玉県 - がんセンター新病院の建物が完成しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.