> > 進む燃料電池の低コスト化 東北大と東北特殊鋼が新材料を開発

進む燃料電池の低コスト化 東北大と東北特殊鋼が新材料を開発

 印刷 記事を保存

東北大学と東北特殊鋼(宮城県)は、固体高分子形燃料電池(PEFC)を健全に作動させるために重要な純水の流れを制御する電磁弁鉄心用の「快削高耐食性電磁ステンレス鋼」を共同開発した。

これにより、従来快削材料がなかった高耐食性電磁ステンレス鋼製の水用電磁弁部品の加工コストが低減され、燃料電池の普及促進に貢献するものと期待される。今後は、試作材を電磁弁メーカーのサンプル評価に供しながら、順次量産へ移行する。なお、今回の開発成果の詳細は、9月24日に福島市で開催される「第60回材料と環境討論会」で発表される。

(※全文:935文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.