> > 東芝ライテック、ミニクリプトン形LED電球を2機種発売 同型と比べ88%省エネ

東芝ライテック、ミニクリプトン形LED電球を2機種発売 同型と比べ88%省エネ

 印刷 記事を保存

東芝ライテックは、「E-CORE(イー・コア)」LED電球ミニクリプトン形に、「電球60W形相当(昼白色)」「電球50W形相当(電球色)」の明るさを実現した2機種をラインアップし、9月20日に発売する。同製品は、昼白色124.6lm/W、電球色105.3lm/Wと業界トップクラスの高効率、4万時間の長寿命、同社製のミニクリプトン形電球と比較し約88%の消費電力削減を実現した。2機種合計で年間4万個の販売を目指す。

具体的には、「昼白色」は消費電力6.1Wでミニクリプトン電球60W形相当(760ルーメン)の明るさ、「電球色」は消費電力5.7Wでミニクリプトン電球50W形相当(600ルーメン)の明るさを実現。高光束でありながらサイズ形状は、ミニクリプトン電球に近いコンパクトサイズ。また、くびれのある形状と根本部分を長くすることによりミニクリプトン電球の主な使用用途であるダウンライト器具との適合率を上げている。

近年の戸建て住宅は断熱性を高め、冷暖房効率を上げるために断熱材施工を施す場合が多く、このような場所に設置されているダウンライト等天井埋込み形照明器具でLED電球を使用すると、天井への放熱が断熱材により妨げられ、ランプ内の温度上昇により短寿命の原因となることがある。

(※全文:885文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.